上野焼き

私の地元には「上野焼き」という伝統工芸があり、自宅にはその上野焼で作ったお皿や湯飲みもあります。
中学生の頃に学校行事の一環で、自分でコーヒーカップを作りました。
土色と薄い青のコントラストのデザインがあまり好きではなかったですが、思っていた以上に出来栄えが良かったので社会人になり一人暮らしを始めてもずっと使っていましたが、落としてしまい割れてしまいました。
正直食器が割れても今まではショックを受けたことがなく、次はどんなものにしようかなと少し楽しみな感情もあったのに、そのカップが割れた時は相当なショックを受けたことは今でも覚えています。

翌日には市販のカップを購入し、割れてしまったショックもいつの間にが消えてカップの存在すら忘れてしまいました。
数年後、友人が上野焼きの工房で働いてることを知り、地元のイベント開催に合わせて帰省して久ぶりに上野焼きにも触れる機会がありました。
それまで触れる機会すら無かった為すっかり忘れていたこともあり、配色などのデザインが以前より豊富になっていたことに驚きました。
特に濃い赤のデザインが印象的で、久々に欲しくなったので、私の友人が作ったコーヒーカップを購入しました。
まだまだ粗削りらしいですが私が中学生の頃に作ったものよりは当然比べ物にならない良いもので、そのカップでホットでもアイスでも毎日コーヒーを飲んでます。

割れた方の器は、金継ぎ 教室 東京で直しました。
これからも大切に使いたいと思います。